規約

日本長生医学会千葉茨城支部規約

第一章 総則

第1条
本会は日本長生医学会千葉茨城支部と称す

第2条
本会は日本長生医学会会員および長生医学に志す者で、入会を希望する
千葉県、茨城県に居住もしくは治療所を設置している者をもって組織する
また、他の都道府県の居住者であっても入会できるものとする

第3条
本会事務局は支部長宅及び会計宅に置く
なお、事務局住所は第18条に明記されたものとする

第二章 目的及び事業

第4条
本会は日本長生医学会の発展、長生医学の研究、研鑽に努め並びに会員相互の親睦を目的とし、このため次の事業を行う
① 毎年1回他支部(中央、北関東)と共に支部医学会を開催する
② 会員の慶弔については支部長、副支部長、会計の三役を以って決定する
③ 日本長生医学会に対する協力
④ 会員相互の親睦
⑤ その他必要事項

第三章 役員

第 5 条
本会には原則として次の役員を置く
支部長:1名
副支部長:若干名
会計:若干名
会計監査:若干名
書記:若干名
顧問:若干名
名誉顧問:若干名
特別顧問:若干名

第 6 条
支部長は役員会に於いて選出し、総会に於いて決定する。その他の役員は支部長が委託する
① 支部長は本会を代表し、役員との連携により会務を総括する
② 副支部長は支部長の命を受け、会務を遂行する
③ 会計は支部長の命を受け、会計事務を遂行する
④ 書記は支部長の命を受け、書記事務を遂行する
⑤ 会計監査は経理に関する監査を行い、3月の総会にて此れを報告する
⑥ 顧問(名誉顧問・特別顧問を含む)は会議に出席し、意見を述べ、会の向上発展に貢献する
⑦ 名誉顧問および特別顧問は総会にて決定し、任命を受けたものとする

第7条
役員の任期は2年間とし、再任を妨げないものとする

第四章 会員

第8条
本会の会員は会費納入と行事運営に協力する責務を負う
① 正会員(日本長生医学会会員)
② 準会員(長生医学に志す者)

第五章 会議

第9条
総会は毎年1回開催し、会務並びに会計報告をなし、その他必要な事項を審議決定する
① 役員会は必要に応じて、支部長が招集する
② 臨時総会は必要に応じ、役員会において協議のうえ、支部長が召集する

第10条
総ての会議の議事決定は、出席者の過半数の同意をもって決定する
ただし、同数の場合は議長が此れを裁決する

第六章 会計

第11条
本会の運営維持のため次の方法を以って行う
① 本会の収入は、会費・寄付金その他をもって充てる
② 本会の会計年度は毎年4月1日より3月末日までとする
③ 会計決算は総会にて此れを報告し、会計監査を受け承認を得るものとする
④ 会見監査後に発生した会計事項は、翌年度に計上する

第12条
会費等については次のように定める
① 本会の入会者は、申し込みの受付時期を以って初年度とする
② 退会者に於ける会費は、一切返却しないものとする
③ 会員・準会員は年1万3千円の会費を、年度内の7月末日までに納入するものとする
④ 特例として、支部総会にて会費の免除を受けるものを定めることができる
⑤ 本支部会を退会したのち再度入会する場合は、入会金1万円を申し受ける。
ただし、他支部からの移動の場合及び退会年度内の再入会は除く

第七章 附則

第13条
前各条に定める事項以外については、社会通念の良識にしたがって役員によって此れを審議し実行する
ただし、総会及び臨時総会に於いて此れを報告するものとする

第14条
退会者は、退会届をもって承認するものとする
また、会計年度終了日までに会費未納の場合、確認のうえ退会手続きを行うものとする
本会退会の場合は「日本長生医学会認定師制度規約」第11条1の④に基づき、認定師の資格を喪失する

第15条
会員たる名誉を毀損し著しく会の秩序を乱す行為をした者は、役員会で審議の上、支部長が除名する

第16条
支部役員は以下のとおりとする
支部長:伊勢山 昌広
副支部長:澤 理江/浅賀 哲平
会計:津曲 光子
会計監査:藤岡 敬子
書記:五十嵐 まり恵
顧問:渡辺 高延/山中 マキ/土岐 雄司
(平成29年4月1日改正)

第17条
慶弔費の目安は以下のとおりとする
結婚:会員:10,000円
香料:会員/配偶者/子・父母(義父母は除く):弔電・生花又は15,000円
(平成20年4月1日改正)

第18条
本会事務局の住所は以下のとおりとする
①〒319-0123 茨城県小美玉市羽鳥2480-5(支部長宅)
②〒270-2203 千葉県松戸市六高台3-15(会計宅)

第19条
この規約は平成29年4月1日から実施する

長生医学会について
長生医学専用「治療院ホームページ」制作のご案内